沖縄はもともと豚肉を食べる文化が強く、豚肉の消費量が日本で一番多い県です。
沖縄の食文化は、琉球の時代中国との貿易が盛んで中国の食文化の影響が強いからでしょう。
「琉球在来豚アグー」といわれる種類の豚もその昔中国から沖縄に伝わったとされています。
「アグー」という名前の由来はいくつかあるといわれていますが、沖縄の粟国島(あぐにじま)というところで飼われていたからそのような名前になったとも言われております。
今では日本全国で「黒豚」は生産されていますが、鹿児島などの黒豚も実は薩摩藩の時代に、その統治下の沖縄から渡ったものだといわれています。
アグーはコレステロール値が通常の豚に比べて約4分の1と少ないのが特徴で、脂身にはコラーゲンもたくさん含まれており女性の方にも人気です。
また旨み成分である「グルタミン酸」も通常の豚に比べ約2倍もある、とても美味しい豚肉なのです。