シークヮーサーは、沖縄に自生する野生のミカン属の柑橘類です。
シークヮーサーは沖縄の方言で、「シー」は酸っぱい「クワーサー」は食べさせる。
つまり「酸っぱい食べ物」という意味です。
シークヮーサーには、ビタミンCをはじめ、ビタミンB1、クエン酸、カロチンなどの成分が豊富に含まれ、最近の研究ではノビレチンが注目されています。
健康ブームで大注目を浴びたシークワーサー。
沖縄のシークワーサー産地のひとつ「勝山」の勝山シークワーサーまで行き、実際にお話を伺ってきました。



シークワーサーは、沖縄の山野に自生する野生のミカン属の柑橘類で、沖縄の方言で「シー」は“酸っぱい”、「クワーサー」は“食べさせる”。
つまり「酸っぱい食べ物」という意味です。
果実は熟すとオレンジ色になり直径約4cm、やや扁平なため、ヒラミレモンとも呼ばれています。
未熟果(青切り)で収穫したものは非常に酸っぱく、そのまま食べる事はせず、主に薬味やジュース用に加工されて使われます。
亜熱帯気候の沖縄では、刺身や焼き魚にかけたり、酢の物に入れたり、醤油と合わせてお鍋のポン酢の代わりなどに使われます。
泡盛や焼酎に入れても美味しいんですよ。 熟したものは甘くなり、そのまま食べることができます。 シークヮーサーは非常に優れた成分を持つ果物で、ビタミンC、ビタミンB1、クエン酸、カロチンなどの成分が含まれ、 最近の研究では、ノビレチンという成分が注目されています。
【ノビレチン】に関して詳しく知りたい方は【ノビレチン】で検索してみてくださいね。





シークヮーサーはビタミンCや、ビタミン B1、カロチン、各種ミネラルなども豊富に含んでいます。
また、フラボノイド(機能性化合物)、ノビチレン、ペクチンや、ヘスペリジンを含んでいます。





シークヮーサーに含まれる栄養成分には、ペクチン、ヘスピリジン、ビタミンC、ビタミンB1、カロチン等が含まれています。



社長に突撃インタビューをしに、勝山シークワーサーさんへ行ってきました。
この日は、沖縄県内の老人会が見学に来ていたこともあり、とても賑やかでした。
写真にもあるように、手作りで見学会会場を設営したり、手作りのウェルカムボードでお出迎えしたり、一生懸命スタッフひとりひとりがあたたかくおもてなしをしていました。
帰りには全員総出で手をふり、バスを見送っていました。勝山シークワーサーは、そんな温かい人たちが心を込めて作っているんです。
















★★★★☆

沖縄で買って帰って勝山のシークワーサーが一番ときいていたので引き続きこちらのネットショップで購入いたしました。迅速な対応で購入から自宅配送まで3日でした。

投稿日:2014年06月23日

香川県/女性 アグー豚しゃぶ子さん